LINEストレス既読なのに返信が無いと凹まない3箇条

LINEストレス既読なのに返信が無いと凹まない3箇条

今、多くの方々はコミュニティにLINEを活用されているのではないでしょうか。
チャットの様な使いやすさで時系列で表示される機能で表示の際、相手が読んだ時に「既読」と表示されます。
友達でも彼氏でも気になっている人でも、この「既読」という表示が出ると「あれ?読んだのかな?読んでるよなあ…。なんで返事ないのかな?」なんて落ち込む原因に。
今回は恋愛にフォーカスを合わせたLINEなどのSNSでの失敗を回避する方法、3箇条として紹介します。

 

 

「読む」と「返す」を別物と思いましょう。

私自身もよくやってしまうのですが、読むまではいいのですが、すぐに返事を出来ていない時に別の友達や身内からLINEが来てしまう、そうすると返信を忘れることがあります。
でも、ここで考えて欲しいのは

 

「読んだ=返事の出来る環境」ではないと言うことです。

 

みんなに聞いてもおそらくすぐに返せる人なんか少ししかいないと思います。
それは彼氏であっても同じことです。仕事の最中すぐに返事してくれる人のほうがちょっと人間としては問題があると思いますね。なので、そういう時は「今は忙しいのか」と考えることが大事ですね。

 

 

LINEに頼り過ぎないこと

電話からメール、メールからLINEとどんどん簡単に人とのつながりが持てるようになっています。
昔は家に電話をかけて親が出たらどうしようなんていう時間も楽しんだものです。
今はそういったこともなくすぐに好きな人に連絡が取れるというのはすごく便利な時代ですね。

 

しかし、簡単になった分簡単に答えを求めているのではないかと思います。

 

気軽に誘ったり出来るLINEよりも電話や直接会ったりなどの手段で恋愛を育む事も大事に考えるといいのではないでしょうか。
簡単な答えは脆いものだったりします。

 

 

気軽なコミュニティなのだと割り切ること

あくまでも簡単で気軽なコミュニティを取れる手段の1つとしてLINEを使いましょう。
なので「既読」などの文字に一喜一憂しないようにのめり込まないことは意外に大事なのですね。

 

 

おわりに

LINEでのやりとりは仮の様なものだと思いましょう。
「既読」があったのに返事がなかった場合にでも、デートの時に責めたりしないで、
「楽しみに待ってたのになあ!」
なんてニコニコとお話をしましょう。
コミュニティを取るLINEが原因でケンカなんて本末転倒な話ですからね。
恋愛で大事なことは憶測、断定をしてしまわないことです。
今では「既読」を消せるアプリも出ています。そんな中、その「既読」に振り回されるような恋愛はしない様にしてくださいね。

 

 

人生の悩み事なら電話占いで解決しましょう!

生きていると様々な苦難や事件が起こります…

生一人で考え込んでしまって失敗したり、抱え込んでしまって毎日辛かったり…

そんな日常を変えるために、相談を受けるプロの占い師と話をしてみませんか?

今なら無料キャンペーンを実施しているサイトも満載です!

▽サイトをランキング形式で見てみる▽

人気記事